1日に必要な野菜1/3量を充足する『健康な食事』で働く皆さんをを応援します

                              産業医さん保健師さん、企業の健康経営・ホワイト500に『スマートミール』をお役立てください

アンチメタボで解決

  • メタボリックシンドローム対策は企業の課題です
    •  2008年4月から高齢者医療確保法に基づく新しい健康診断制度「特定健診・保健指導」が始まりました。
      内臓脂肪に高血圧、高血糖が加わった「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)を防ぐことで、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などの生活習慣病を減らし、医療費削減につなげるのが目的です。40歳から74歳までの方は腹囲や体格指数(BMI)が基準以上で、血糖、血中脂質、血圧が基準値を超えると、超えた数や喫煙の有無に応じて保健指導を受けなければなりません。
       保健指導の実施は医療保険者に義務付けられ、受診者が少なかったり指導効果が見られなかったりすると、その保険者には罰則として高齢者医療制度への支援金が増やされることになります。
      現在、メタボリックシンドロームの人とその予備群は、40~74歳(約5,400万人中)で約1,900万人と
      推計されています。国は、2015年度までに25%削減することを目標に掲げています。

        い和多は、毎日のお食事を、過不足の無いエネルギーでお届けします。

  • 和訳はこちらでご覧下さい
    • 平成20年度厚生労働科学研究費補助金
      「食事バランスガイドを活用した栄養教育・食環境づくりの手法に関する研究」



直前のページへ戻る

|total|12674 |today|6 |yesterday|12


Google

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional